狂演乱舞

ポケモン中心

TOP

初めにこのブログでは、ポケモンに関係の無いこと、需要の無い育成論、芳しくない成績の構築記事等も書くので、暇潰し程度の感覚で読んでいただければ幸いです。

SMシーズン5 カバルドン展開

f:id:yagumo-poke:20170911130237g:imagef:id:yagumo-poke:20170911131304g:image

      f:id:yagumo-poke:20170911130302g:image      f:id:yagumo-poke:20170911130320p:image

f:id:yagumo-poke:20170911130534g:image       f:id:yagumo-poke:20170911130543g:image

 

最終日予定が入ってしまったため潜れず・・・

 

カバルドン展開を確実に遂行することをコンセプトとした構築。初手置きにもカバルドン展開からの抜きも可能だと感じたポケモンを並ばせ補完として組んでいった。

 

カバルドン@オボン

慎重HD 地震 欠伸 ステルスロック 吹き飛ばし

一般的な展開カバ。初手にはほぼ出さず2手目に出し展開していく。

 

ボーマンダ@ナイト

意地HaS 捨て身タックル 身代わり 竜の舞 羽休め

威嚇込み197岩石封じを身代わりが耐える一般的な耐久振り。地震も欲しかったが身代わり羽休めの詰ませ性能も捨てきれない。

 

ミミッキュ@霊z

意地AS シャドクロ じゃれつく 影うち 剣舞

当初はHA振りだったがミラーやキノガッサ等に不安定になるため準速。多くのミラーに対して上を取れた。重いギルガルドやABミミッキュを仕留めるため霊z。

 

ゲンガー@ナイト

臆病CS 祟り目 ヘドロウェーブ 催眠術 身代わり

カバルドン展開から抜いていくことを想定した催眠術。受けサイクルかグロス軸程度にしか選出はしないよう心掛けたが、この2つが多くいたため選出率は高い。

 

ナットレイ@フィラ

呑気HaB ジャイロ タネガン 叩き落とす 剣舞

一般的な剣舞ナットはHA振りだが、ミミッキュキノガッサ、竜舞メガギャラドス等を相手にする場合が多かったためHB振り。火力を削った弊害より耐久に振った恩恵の方が多く、多くの対面で打ち勝つことができた。

 

ポリゴンz@スカーフ

臆病CS さわぐ 破壊光線 冷凍ビーム 10万ボルト

ここまで辛いカバルドン展開を後出しから強引に阻害するさわぐポリゴンzを採用。並び的にテクスチャーzに見えるためほぼ警戒はされなかった。重めのゲッコウガを後出しから強引に処理することもでき、この構築によくマッチしていた。

 

基本選出はカバルドン@2 初手にカバルドンは投げずミミッキュポリゴンzなどを投げ2手目でカバルドン展開をする。

選出率はカバルドン以外は全員同程度でナットレイが体感やや低い程度。

重いポケモンはめざ氷バシャーモ・めざ炎ゲッコウガなどの炎+氷を打ち分けてくる相手。

特に後半はHBメガリザードンYの増加もあり苦戦を強いられる対戦もあった。

 

高勝率で2000まで来れたため来シーズンも更に煮詰めて使用していきたい。

 

最終最高2022 

 

落 ガルクレセドラン

※7世代記事ではありません。

なぜか今更書きたくなったので・・・

f:id:yagumo-poke:20170825145225p:imagef:id:yagumo-poke:20170825145232p:image

f:id:yagumo-poke:20170825140821g:image f:id:yagumo-poke:20170825140835p:image

f:id:yagumo-poke:20170825145239p:imagef:id:yagumo-poke:20170825145242p:image

 

広範囲を対応できるガルクレセドランゲッコウガを軸とした構築。

 

メガガルーラ@ガルーラナイト

猫騙し 不意打ち 秘密の力 グロウパンチ

191(84)-192(236)-127(52)-×-121(4)-137(132) 

ゲッコウガの珠けたぐり75%耐え

秘密不意でガブリアスを高乱数。

遅いガルーラを大体抜けると判断したライン。

 

猫騙し+不意の高火力先制であらゆるポケモンを縛る。崩しにも参加できるようグロウパンチ+秘密の力。猫騙しを見せた後のグロウパンチはまず読まれず、あらゆる場面で多くのeasywinを生んでくれた。ゲンガーに打点がないのは辛いが後術するポケモン達でカバーしていく。異常な程のスペックを持ったこのポケモンを採用しない理由は6世代においてほぼない。

 

カイリュー@こだわり鉢巻

逆鱗 地震 神速 馬鹿力

191(196)-201(228)-115(0)-×-123(20)-108(60)

 

HBクレセリアが逆鱗で高乱数2発。

眼鏡サザンドラの特化流星群マルスケ込み耐え

竜の通りのいい厨パやs17に置いて上位で流行ったガルクレセウルガに対して優位がとれる鉢巻カイリューを採用。強力な特性を盾に強引な居座りや積みストッパーなどをする。

余談だがs17のウルガモスは型が非常に多様化しておりラムやスカーフ・眼鏡なども存在していた。中にはアッキ+鬼羽ウルガなども存在し、そう簡単にはeasywinはできなかった。

 

クレセリア@ゴツゴツメット

サイコキネシス 身代わり どくどく 月の光

227(252)-×-166(84)-95(0)-150(0)-127(172)

 

準速ガッサ抜きラインを大体抜けると判断したライン。

強力な受け性能をもつポケモン。起点にされるポケモンとも言われているが、立ち回りや選出などで簡単に対処できる。身代わり採用することによって毒で処理するルートを取っている相手を詰ますことができる。

 

ヒードラン@残飯

マグマストーム 鬼火 挑発 守る

193(212)-×-126(0)-150(0)-159(148)-116(148)

 

HBスイクンを大体抜けると判断したライン。

残飯2回込みでスイクンの熱湯大体3耐え。

挑発+マグマストームでほぼ全ての耐久ポケモンクレセリアを起点にしてくるであろう鋼ポケモンを崩す。後出ししてくるスイクン等も崩しきることができる。毒か鬼火で迷ったが、後出ししてくるガブリアス等の物理ポケモンに刺さる鬼火とした。だが身代わりボーマンダに屈する場面も多く、クレセリアが冷凍ビームを所持していないためそのまま試合が終了する場面もあり一長一短だと感じた。

Sラインは当初準速メガハッサム抜きまで振っていたが、特に役に立つ場面もなくミラー等にも大地の力がないため、結局Dに多く割いた。

 

 

ゲッコウガ@ラム

冷凍ビーム 悪の波動 草結び めざめるパワー炎

159(92)-×-91(28)-145(172)-94(20)-183(200) CS個体値30

眼鏡サザンドラの特化悪の波動最高乱数2耐え。

特化サザンドラの流星群50%耐え

陽気ガブリアスの逆鱗最高乱数耐え。

最速ジャローダ抜き+1。

耐久に多く割いたラムゲッコウガ。テンプレはA200逆鱗耐えだがガルクレセドランで辛いサザンドラに後出し・居座り等が出来るようにするためHDにも多く割いた。これによりガルクレセサザンには優位に立ち回れるようになった。

ゲッコウガの技構成は諸説あるが、クレセドランで辛いマンダナット等にeasywinするためめざめるパワー炎を採用した。想像以上に打つ場面が多く、非常に機能した。持ち物についても眼鏡や珠など諸説あるが、打ち分けや耐久振りが生きるよう最後までラムとした。

 

メガヤミラミ@ヤミラミナイト

鬼火 瞑想 バークアウト 自己再生

157(252)-×-146(4)-105(0)-183(252)-40(0)

 

選出誘導+縛り性能の高いメガヤミラミを採用。重いクレセドランやゲンガー入り等に対して優位に立てる。物理方面より特殊方面との打ち合いが多かったためHD振りとした。ほぼ出さないが、選出誘導として相手の積みポケモンが出てくるため前述したガルーラ・カイリュー等で制圧していく。受けループ等にもヒードランで相手のラッキー等を崩した後、メガヤミラミで即座にTODに移れるなど受け構築にも対しても機能した。

 

 

なぜ今更こんな記事を書きたくなったのかと言うと、6世代のクレセドランの記事を見て懐かしくなったからという単純な理由です;;

s14.15ぐらいからs17ぐらいまで調整を繰り返しながらこんな構築になりました。s16.17共に2100までは安定してましたが、ここからさらに100上げるというのは並ならぬ根気が必要だと感じ、上位勢とのレベルの違いを見せつけられたように感じた6世代終盤でした。

 

7世代ではまだ2100すら乗れていない状況なので頑張りたいところです。(HSをやりながら・・・

 

シーズン3

f:id:yagumo-poke:20170517155859g:imagef:id:yagumo-poke:20170517155908g:image

     f:id:yagumo-poke:20170517155912g:image         f:id:yagumo-poke:20170517155923g:image

   f:id:yagumo-poke:20170517155937g:image   f:id:yagumo-poke:20170517155941g:image

 

電気+グロスみたいな並びがキツかったため改善したい。低速ベースなので運負けも多かった。ただ、軸であるマンダジバコアシレガッサは強かった。カビゴンテッカグヤの枠を練ればまだまだ使えそう。

 

最高2013 最終 失神

 

参考記事 (無断転載なので指摘があれば消します)

http://shita105.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

 

 

SMシーズン2 ガルクレセドランコケコ

    f:id:yagumo-poke:20170321012415g:image   f:id:yagumo-poke:20170321012429g:image

f:id:yagumo-poke:20170321012433g:imagef:id:yagumo-poke:20170321012439g:image

         f:id:yagumo-poke:20170321012449g:image   f:id:yagumo-poke:20170321020503g:image

 

ミミッキュに対して対面から有利がとれる鬼火挑発ヒードランから構築をスタート。

 

ガルーラ@ガルーラナイト  陽気AS

猫騙し 捨て身タックル 冷凍パンチ 炎のパンチ

ミミッキュリザードン入りに有利が取れる最速。ナットレイの数を考えて炎のパンチを採用。

 

カプ・コケコ@こだわりスカーフ 臆病CS

10万ボルト ボルトチェンジ マジカルシャイン 蜻蛉返り

積んだパルギャラを止める。蜻蛉返りよりマンムーカバルドンの数を考慮して草結びの方が良かった。

 

クレセリア@ゴツゴツメット 図太いHbs

サイコキネシス どくどく 身代わり 月の光

Sを126まで振ったやや速いクレセリア。身代わりは相手のz技を強引に流したり、ナットレイテッカグヤ等の宿り木をスカした後、ヒードランにバックするという動きを取れたり優秀だった。

 

ヒードラン@残飯 穏やかHds

マグマストーム 鬼火 挑発 守る

古きよき残飯ドラン。一応構築の始点。特殊を強引に受ける時代はほぼ終わったように感じた。対ミミッキュ性能を高めるため半分回復実も一考。トレースポリ2に何度か詰まされた。

 

ミミッキュ@妖z 意地AS

じゃれつく シャドークロー かげうち 剣の舞

積み+Zの代名詞的な存在。このポケモン一体で半壊するPTも少なからずあった。今後も使っていきたい。

 

ゲンガー@ゲンガナイト 臆病CS

祟り目 ヘドロ爆弾 催眠術 身代わり

とりあえず入れてみた枠。カバルドン展開をこのポケモンでしか阻害できない。変えるとすればこの枠だかレヒレ入りがかなり厳しくなるため抜く抜けなかった。

 

マンダ無理リザX無理メガギャラ無理バトン無理カバドリ無理レヒレナット無理電気の一貫ヤバすぎてzで終わりという欠陥構築。

最終日2日前から1500スタートで潜り始めたが、最後は2000帯を10戦程度ウロウロしてマグスト4連外しで心が折れて終了。もう少し早く潜っていれば色々改善点などが見えたかもしれない。

 

オボンウルガモス

    f:id:yagumo-poke:20170127140344g:image

 ウルガモス@オボンのみ

 臆病:192(252)-×-85-155-142(132)-149(124)

 

鬼火 羽休め ちょうのまい かえんほうしゃ

 

H:4n(オボン回復量最大)

D:C200サイコフィールド下サイコキネシス、オボン込み乱数2発 (26.6%)

D+1:C200サイコフィールドサイコキネシスZ(72.3%〜85.9%)+サイコキネシス(37.5%〜44.2%)オボン込み乱数耐え

        :C182サイコフィールド下サイコキネシス(34.3%〜40.6%)オボン込み確定3耐え

        :C200サイコフィールド下眼鏡サイコキネシス(50%〜59.3%)オボン込み確定2耐え

S:準速ミミッキュ抜き

 

 

環境トップであるカプ・テテフに対して対面から起点にする型。乱数が絡む場合が多いが、ある程度有利な乱数のため妥協した。

技構成については鬼火羽休め蝶の舞までは決定だが、攻撃技に関しては一考の余地がある。

麻痺のS下降弱体化により、6世代より格段に動きやすくなり嵌めれる範囲も多くなった。

 

このポケモンを軸にSDで回してみたところ、すんなりとレートが上がったので強いと思われる。

 

SMシーズン1

f:id:yagumo-poke:20170120164522g:imagef:id:yagumo-poke:20170120164553g:image

   f:id:yagumo-poke:20170120164630g:image         f:id:yagumo-poke:20170120164730g:image

f:id:yagumo-poke:20170120164644g:imagef:id:yagumo-poke:20170120164652g:image

 

 

最高2020最終19xx

 

カグヤの型が相手の耐久ポケモンを意識するあまり弱い型となってしまったのと、ガルーラが相手のテッカグヤを見るだけで選出できなくなるような型になってしまったのが敗因。

だが、収穫もかなりあったのでシーズン2こそ結果を出したいきたい。