狂演乱舞

ポケモン中心

カプ・コケコ

SMシーズン1で使用した。

 

          f:id:yagumo-poke:20170122191345g:image

カプ・コケコ@デンキZ

 

臆病:175(236)×-105(12)-116(4)-112(132)-181(124)

 

10まんボルト めざめるパワー地 毒毒 羽休め

 

H:16n-1

B:テッカグヤの無振りベビーボンバーの乱数がずれる

C:余り

D:C147カプ・コケコのエレキフィールド下10まんボルト(28.5%〜33.7%)+エレキフィールド下10まんボルトZ(55.4%〜65.1%)確定耐え

S:最速メガルカリオ抜き+1

 

終盤増えたテッカグヤ+ジバコイルに対して強いメタであり、減少気味であったがポリゴン2入りに対して有利が取れる型。メガルカリオやメガハッサムに対して強いダメージソースとなるデンキZを持たせた。

原案の毒羽根コケコは身代わりが搭載されていたり、Sラインが最速120族抜きまで調整されていたりするが、環境の変化に合わせた結果、このような歪な型となった。

 

刺さる相手にはとことん刺さるが、相手のガブリアスマンムーを見るだけで選出できなくなったのが弱かった。